私のキャッシング論

クレジットカードを持つと必ず付いてくるのが、リボルビングサービスです。

 

リボルビングっていったい何? それは、買った金額をその後から少しずつ利子を付けて何回かにわたって返済していくことです。私は、先日、出身校の提携カードに入りましたが、リボルビングは申し訳ないのですが、はずさせて頂きました。

 

もちろん、そういった詳細欄をいじらないという人もいるかもしれませんが、しかし、クレジットカードの使い方というのもなかなか難しいものですね。

 

私は、こういうと親に叱られるかもしれませんが!、貧乏家庭で育ちました。

 

お金も持たせてもらったこともなかったですし、そりゃアルバイトはしましたが、しつけが厳しかったので、なかなか思いっきり稼げたという感覚はありませんでした。

 

世の中には、下を見ればキリがない。上を見たってキリがない。という言葉があるのはご存知ですか?しかし、それではいけないのです。かといって、人の世なのですから、アイダを取って生きると言う事は求められるのかもしれませんよ。

 

人生です。生きていくと言うことは大切なことですよ。いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。なのかもしれないし、また、そうなのでしょう。

 

しかし、時代が変わっても、大切にしたい人たち。。流れ、風俗、空気、ニュアンス、コント、仲間、絆、友人、先輩後輩、色々なというか、全部なのですね。総合力、総合性、果たして今日一日が乗り越えられるでしょうか?

続きを読む≫ 2014/06/27 23:23:27

借金をする場合、契約に際して、いつまでに返すかは重要なことです。

 

というのは、金融機関などからの借金の場合には、返済が滞ってきた場合に、一度に元金と利息とを含めて返済するという期限の利益損失条項が契約書に明記されているからです。

 

ただでさえ、返済できないのですから、一度に元利を全額返せと迫られるのですから、その返済金を工面することは大変なことになりそうです。

 

また、通常の利息とは別に遅延損害金が取られることにもなるからです。

 

そこで、他の金融機関から借金をして返済することを考えている人もいます。しかし、これは借金の返済のために必要な借金で、結果的には、借金を膨らませることになってしまいます。

 

その理由は、元金と利息を含めて、借り入れることになるのですから、今度借金した元金が利息分だけ増えているからです。それに、通常、こうした借金返済のための借金をする場合、金利のより高い消費者金融などから借りなければならなくなり、いっそう返済は困難になってしまいます。

 

借金の返済期間は借りる目的、金額、金融機関などによって異なっています。
通常の個人間の貸し借りの場合には、次の給料まで、あるいはボーナスまでというのが多いでしょう。

 

住宅ローンの借金であれば、最長35年、最短でも10年です。また、消費者金融からの借金であれば、借金の金額によって1年、3年などが多いようです。

 

返済期間は、前記のように、契約で定まりますから、確実に返済できる期間の設定が必要となってきます。

続きを読む≫ 2014/06/27 23:22:27

住宅ローンは、その借り入れ目的がもっともハッキリしたもののひとつで、高額の借り入れとなります。こうしたローンの場合には、誰もが、返済の計画について考えます。

 

しかし、消費者金融から借りる場合には、どう返済しよう、などと考える人は少ないでしょう。

 

とにかく、その場でお金が欲しいという場合が多いようです。そして、返済の日が来て、お金がないとあたふたとお金の工面に奔走する、ということになってしまいます。※今すぐお金を借りるならこちらを参考に!

 

どんな少ない額の借金でも返済しなければ、法律上は債務不履行ということになり、遅延損害金の請求や財産の差し押さえをされても、仕方のないことなのです。

 

とくに、消費者金融からの借金は小口でも高利のために返済額は多くなってしまいます。

 

無計画に借金して、返済のために借金を繰り返していけば、借金はあっという間に膨れ上がってしまいます。返済計画はどんなに少ない額の借金でも考えておく必要があります。

 

また、会社の倒産やリストラなどの万が一の場合も考えて、余裕ある返済計画を立てることも必要です。
借金は住宅ローンでも分かるとおり、現代の社会では必要なものです。

 

しかし、借金をするということは、将来の収入を、今使っているんだという自覚が必要です。そうすると、将来の収入が見込めない場合には、本来は、今使う部分はないはずなのです。

 

借金しようと考えた場合、このことを忘れないでください。そうすれば借金地獄は免れることができるでしょう。

続きを読む≫ 2014/06/27 23:19:27

「必要なもの以外は借金してまで購入しないこと」これを念頭に置いておきましょう。

 

バブル全盛期には、高額の商品が飛ぶように売れたそうです。巷では借金も財産のうちだ、などと豪語している人もいました。確かに、毎年給料が上がり、年収が増えれば、借金は結果的に軽くなっていきました。

 

しかし、バブルが崩壊した今、給料が増えるどころか、減少、あるいは、倒産やリストラによる失業も考えなければなりませんね。高額なぜいたく品を購入する場合は、借金してまで購入する必要があるかどうかを、まず考慮することです。

 

こうした時代を反映して、生活型の破産や自殺が増えてきてしまっています。バブル期の感覚で生活や借金をしていると、やっていけない時代となったのです。

 

しかし、バブルが崩壊して収入が伸びない時代となっても、なかなか生活のレベルを下げることは、容易なことではありませんね。テレビなどの広告ではこれでもかこれでもかといった具合に、商品の宣伝が続きますが…。

 

過程にも電気製品が氾濫して、買い替えも必要であり、いったん便利になった生活の質を落とすことはそうカンタンにはできないものです。

 

それどころか、パソコンだ、車だ、と出費が伸びる一方の家庭が通常でしょう。しかし、収入が落ちている家庭ではどこかで生活費を抑えなければ、いずれ生活は破綻してしまうでしょう。

 

借金は必要なもののために、かつ、返済計画をしっかりと立てて、それから借りるようにしましょう! バブル期ではないのです。慎重な行動が求められます。

続きを読む≫ 2014/06/27 23:18:27

ではローンの練習をしてみましょう。
ローンを組むには金融機関を利用するのがベストでしょう。

 

しかし、借りたら、その分は耳を揃えてきっちりと返さなくてはいけません。このことを返済と言います。
ちなみに、借りた分の金額に、貸主からしてみれば貸すのですから、利子をつけることになります。これを利息と言います。

 

いったん融資を受ければ、あとは翌月からの返済をするだけです。
簡単そうに見えますが、結構、これ大変です。

 

なぜなら、ローンを組むには、「お金が足りない!」という人間一致の共有の悩みがあるからなのです。
私もお金がありません。今日も所持金はたったの2000円です。

 

しかし、なにか万が一、帰宅困難等の状況が発生した場合向けに、銀行のキャッシュカードを持つようになりました。これは、東日本大震災以降の自分にとっての教訓とはなっています。

 

みなさんもいざというときのために、万が一の出費に向けて、クレジットカードをつくってもらうことを強くオススメしたいです。単純なものほど、複雑に考えられてしまいがちです。難しいことなんて、もうイヤだぁ〜!! とにかく遊びたい!! サボりたい〜!! 仕事やめてぇ〜!! 僕も同感です。

 

人は真剣になるときほど、遊ぶものです。遊ぶのことこそ、人類の本質なのでしょう。しっかりしている人ほど、大切ななにかを失いつつあります。

 

もっとなにかをやらなくては…。私も考えが新たになりつつあります。そんなときこそ喫茶でのコーヒーがいいものです。わたしもぜひやっていきたいものです。

続きを読む≫ 2014/06/27 23:16:27

ふと何気なく街を歩いていて感じるのが、お金の流れは速いとか時代の変化に着いていけないなどと愚痴が聞かれる一方、なぜか風の流れはゆっくりとしているということです。

 

今、私は、埼玉県大宮駅の近くのパレスホテル大宮にてこの原稿を書いていますが、都心でも関西でも公園や空き地が多くあるにもかかわらず、そのあたりで休んでいる人も少なくなりました。なぜなのでしょうか?

 

おカネをキャッシングするという行為自体はいいことだと思います。
うまくやりくりして、また使っていけるという醍醐味があるからでしょう。

 

しかし、企業経営ともなると、そうも言っていられなくなるのかも知れません…。

 

例えば、ホテルとキャッシングについて考えてみれば、やはり宿泊客を増やすというのが収益アップにはつながりますが、しかし、逆の考えでみれば、人を減らして(お客さんも余分な経費も)、省いて、生き残っていこうという確かな経営戦略も存在するのでしょう。

 

今私のいるパレスホテルの客室は、シングルルームですが、パレスホテルは全国展開をしているようですので、東京以外にも主だった所には点在しているようなのです。

 

キャッシングをすることは、私の生家では厳禁と教えられてきましたが…。

 

しかし、銀行でやり取りすること自体、キャッシングですし、まぁローンといっても、なかなか将来のことまでは分かりませんね。資本主義ですから、社会主義とは少し異なります。

 

しかし、「おカネがないのであれば、その才覚を磨くのが足らないだけ」と語った資本家がかつて存在しまいした。お金は才覚なのかもしれません。

続きを読む≫ 2014/06/27 23:15:27

円は不思議なものです。戦後、アメリカの税博士ドッジ氏が1ドル360円と決めたのも、「○」(マル)だったからだと伝えられています。円は価値の非常に高いものです。国際的にも、アメリカのドル、ヨーロッパのユーロ、日本の円と3大相場性の根幹を成している通貨です。

 

円を手にすると、人は幸福感を感じることでしょう。笑い、楽しめることでしょう。
円の魅力というのは非常に価値の高いものを買え、社会貢献度の強いお金の一種です。

 

天下王国ニッポンが製造する“円”は、1円、5円、10円、50円、100円、500円、1000円、2000円、5000円、10000円のそれぞれ10種です。

 

円は宇宙と時空とひずみと時の妙の中から算出される複雑な円環性により単位がはじき出され、社会の多くの人のために役立てられています。

 

地方ごとに円環性には少しずつのズレがあると見込まれます。社会は回っています。かつて日本では、金本位制という体制もあったかと思います。

 

金は不況下に強い銘柄です。どんな不況下でも18金のメガネなどをお持ちの方であれば、質屋さんへ出せば、軽く50000円前後のお金と交換ができてしまうのです。おカネは単位ですから、カンタンに値切りされることもあります。

 

1000万円を超えると、水になるのでしょう。それはかの有名な所ジョージ氏の歌にもあったように、鋭い方であればご承知のことと思われます。

 

円です。縁です。園です。エンエンエン(泣)…。“えん”なのですから、回るのでしょう。回れば変わっていくことも事実です。変われば、うつろうでしょう。

続きを読む≫ 2014/06/27 23:14:27

この世の中、競争です。一日たりとて時が止まることはありませんし、社会は未来永劫へ向けて、大地球とともに回転しているからです。必然的に、早い者勝ちです。近くにいればそれで買えたという経験がある人も多くいるでしょう。

 

世の中、競争です。人はなぜ誕生したのでしょうか? なぜ男性と女性がいるのですか?なぜ地球上にも南北問題のような発展問題が国際化し、人は夢と金銭を奪い合ってきただけの歴史です。

 

幸せになるためには、なにかを奪わなくてはいけません。食べていくことと同じことです。食べるのには、何物かを殺さなくてはいけません。人ははいつくばって生きています。人は下種です。日本ムラとして、結局、なにも変わってはいかないのでしょう。

 

たくさん働いてお金を稼いでいかなければ自分も生きていくことはできません。そのためには、なにかを犠牲にすることが必要なのです。苦しみの業火の中にあるのは分かりますが、おカネなのですから、必ずに奪わなくてはいけません。奪うことは私にとってはどこか難しい気がしてしまいます。根が正根なのでしょう。

 

今、書斎の外で鴉が鳴きました。鴉はとても愛らしく、姿を見るだけでもうっとりしてしまいます。おそろしく頭のいい鳥なのでしょう。でもハゲタカにはかなうのでしょうか? 鴉の死というのも見たことはありません。私は鳩の屍骸は見たことがあります。かわいそうでした。

続きを読む≫ 2014/06/27 23:08:27

社会は急速に発展し、日々新しいものや情報の進化などめまぐるしいものがある。社会は絶えず流れているので、人はその大きな流れに沿わざるを得ないのかもしれない。

 

しかし、流れをつくりだしたり、流れにまかれていたりすることも往々にして、現在のような世の中には重要で、それは決して目に見えないかもしれないが、社会を構成している大気のようなものが存在するのであろう。

 

あとは各個人のやりとりによるのだろうが、その流れの過程の中で色々な変化を感じたり、世に言う季節の移ろいを感じたではないが、それは大気、人だけでなく、色々な生き物にも変容を与えていくものではないだろうか。

 

かつて“石”から始まった現金化の流れは、やはり必要だったから誕生したのだろうし、人類もこの地球に必要だったから進化を遂げてきたのだろう。

 

かといって、物事の本質に迫るあまりに、確執を助長するような行動を取ったり、色々と風俗性を感じることも必要だったはずなのに、それらがそれらとして機能していないと同時に、やりすぎ論で終始してしまったり、まぁ結局その収束が一番落ち着くわけなのだが、まぁその点では面白いというか、ウィットに飛んでいるとは語れそうだ。

 

人は人たりとてみみずく苦しい思い、断腸の思いで生活することは強要されるべきなのだろうか?
戦後、アメリカが与えてくれた憲法は、自由権を保障はしたが、国民的議論をしなくていいのか?
マスコミは何をやっているのか?

 

テレビを見ても一様に同じタレント、同じ情報、同じ店、同じ場所…。棲み分けをつくりましょう!

続きを読む≫ 2014/06/27 22:59:27